彌伽宜神霊剣

【剣は人 の魂を奮い起こす】

諸解説

彌伽宜神社編纂監修

-------------
一本目

形名称・彌伽宜大神
(みかげおおかみ・
彌伽宜の森の大神

 
動作

@定位置より右足を一歩前
に踏み出しながら、刀刃を
やや下にして逆袈裟に斬り
揚げる。

A左足を継ぎ足しながら刀
を諸手上段に振りかぶり、
右足を一歩前に踏み込んで、
刀を右袈裟に斬り下ろす。

B右足を後方に退きながら
刀を上段に構えて残心する。

C左足を後方に退きながら
刀を中段に構えて残心継 続。
刀を横血振るいし納刀。
左足より元の位置に帰り、
次の技に移る。

-------------
二本目

形名称・四大五常しだい
ごじょう・
宇宙は地水火風 の
4つより成り人は仁義礼 智信
の5つの道より成る)

動作

@定位置より右足を一歩 前
に 踏み込んで、敵の上 段出
籠 手を下より、すくう ようにし
て 抜き打つ。

A左足を継ぎ足しながら、 刀
を 諸手上段に振りかぶ り、右
足を 一歩踏み込ん で、刀を右
袈裟に 打ち下 ろす。

B右足を後方に退きなが ら、
刀 を諸手上段に構え て残心。

C左足を後方に退きなが ら、
刀 を中段に構えて残心 継続。
刀を横血振るいし納刀。
左足より元の位置に帰り 、次
の技に移る。

---------------
三本目

形名称・金生麗水
(きんせいれいすい・

水(地名)
に 生じ) 

動作

@定位置より腰を落と して刀
柄を握り、右足 を後方に退き
ながら体 を右に開いて切っ先
三寸刀を鞘内に抜く。

A腰を左にねじり、体 を正面
に向けながら 刀刃を外水平
に 、腰 を押し出すようにして
刺し 突する。

B右足を半歩前に踏 み出し
ながら、刀を前 額部(ひたい)
前に翳 (かざ)し、敵刀を受け
流すように構え、左足 を右足
後方に退いて、 体を左に開き
ながら、 刀を右袈裟に打ち下
ろす。

C左足を前に踏み込 みなが
ら、刀を諸手上 段に構えて残
心。
左足を後方に退いて 刀を中
段 に構えて残 心継続。
刀を横血振るいし納刀。
左足より元の位置に 帰り、次
の技に移る。

-------------
四本目

形名称・守真志満(しゅしん
し まん・心に まことを持てば
、志 は 常に張り詰めている
が、)

動作

@体位置より右足を 一歩前
に踏み込みな がら、正面に
刀を横一 文字に抜き付ける。

A左足を継ぎ足しな がら、
刀を諸手上段 に振りかぶり、
右足 を前に踏み込んで、
刀を右袈裟に斬り 下ろす。

B体位はそのまま に袈裟
斬りに流れ た刀を返し、四
十五 度逆袈裟に斬り揚 げ
る。

C右足を後方に退 きながら
刀を諸手 上段に構えて残心。
左足を後方に退い て刀を中
段に構え て残心継続。
刀を横血振るいし 納刀。
左足より元の位 置に帰り、
次の技 に移る。

------------
五本目

形名称・祭祀蒸嘗(さいしじ
ゃうしゃう す・而して四時に
祖 先の祭をなす、其の 祭祀
は 、春は鑰、夏は 帝(示偏に
帝 オホマツ リ)、 秋は薫、冬は
甞と いふ なり(千字文))

動作

@定位置にて両手は 刀を
握り、両膝を前に やや曲げ
て居合い腰 となり、刀を一
気に頭 上に抜き揚げて諸手
上段となる。

A右足を一歩前に踏 み込ん
で、刀を仮想 敵の面上に斬
りつけ る。

B左足を継ぎ足しな がら、
刀を諸手上段 に振りかぶり、
右足 を前に踏み込んで、
真っ向より下段まで 斬り下ろ
す。

C右足を後方に退 きながら
刀を諸手上 段に構えて残心。
左足を後方に退き ながら刀
を中段に 構えて残心継続。
刀を横血振るいし 納刀。
左足より元の位置 に帰る。

------------